スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--日 スポンサー広告 こめんと- とらっくばっく-

モヨコ先生の、でっかいイラスト

takarajima

今朝の日経新聞、宝島社の全面広告。
開いたとたん、モヨコせんせいの美人イラストが
目に飛び込んできた!

ステキなブラウス、どうなってるのかな~と
じーっと見ると、手が4本もあるよっ

1年半お休みしていた仕事を再開されるそうで
よかったです。
うれしい。
カラダは、大事にしてほしいです。ほんとうに。

弥生美術館(初めて知った)で、個展もされるそうなので
ぜひ行かなきゃ!

灯火日記
http://moyotan.exblog.jp/m2009-09-01/
スポンサーサイト
2009年24日 日記 こめんと0 とらっくばっく0

マーチ博士の四人の息子

再読シリーズ。

トリッキーさがたまりません。

印象的な表紙は、和田誠氏。

march.jpg
2009年17日 本・エッセイ こめんと0 とらっくばっく0

がじゅまるの不思議

枝から根が出てきて、
ぐんぐん伸びています。

P1010272_s.jpg


約10日後、さらに伸びています。

P1010274_s.jpg


4年半前に買ったときは、高さ15cmほどだったのが
今は1m近くに。
特に今年は、せっせと水遣りをしたのでメキメキ伸びました。
夏がもっと暑ければ、さらに成長したかも。

もっと大きくしたいけど、冬場は室内に入れるので
スペースと相談かなぁ。
2009年14日 日記 こめんと0 とらっくばっく0

死の蔵書

10年ぐらい前に一度読んで、
まったく内容を覚えていないまま再読。

主人公の刑事が、本が好きで好きで、
あげくの果てに古書店主に転職するのだ。
未解決の事件に未練もなく。

なぜ、こんな魅力的な職歴の人物を忘れていたのか。

デンヴァーのコールファックス通りに書店街があり
そのいくつかのお店を、主人公のクリフが幾度か訪れるたびに
自分も馴染み客のような気分になる。
安楽椅子古書店めぐり。

クリフは本を「あまり厳密ではないが、それなりの方針」によって並べ
美術書や初版本のコレクションも持つような繊細さがある反面、
武闘派であるギャップがおもしろい。

古書ハードボイルド。
ハードボイルドなのは、刑事を辞めて
一匹狼になったから?

booked to die

ジョン・ダニング著
ネロ・ウルフ賞受賞作

2009年14日 本・エッセイ こめんと0 とらっくばっく0

町長選挙

「町長選挙」
奥田英朗

注射を打つのが大好き、自分の欲望のままに行動する
浮世離れしたトンデモ精神科医の伊良部先生。

無邪気なんだか悪意なんだかわからないところが
絶妙でいいっす!

city

2009年07日 本・エッセイ こめんと0 とらっくばっく0

続・日記書いてる場合じゃねぇよ

続編が出たわけではなく、ブログ記事の続き。
試行錯誤中ゆえ。

nikki_anno

「日記書いてる場合じゃねぇよ」
安野モヨコ(2001)
http://www.amazon.jp/dp/4891946237/

インパクトのある表紙。
よーく見ると、めちゃ凝ってる。
 ・イラスト
 ・スケジュール
 ・タイトル(手書き文字。小さめなのが、追い込まれ感&逃避感を感じさせます。
        そして色はモヨコカラーのピンク)
 ・著者名
を、絶妙なバランスで重ねているのですね。
ニヤリ&うっとり。
2009年01日 本・エッセイ こめんと0 とらっくばっく0
  

プロフィール

ビバボン

Author:ビバボン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。